So-net無料ブログ作成
検索選択

カメレオン(1) [折り紙]

やっとそれっぽい形が出てきた。
cameleon_20140621s.jpg

ここのところ、カメレオンの作例が増えてきたのに
刺激を受けて...と言いたいところなのですが、
ずっと前からカメレオンは作りたくて、失敗続きの
うちにどんどん追い越されちゃったよ...orz
というのが真相です。
まぁ、手が遅いのはしかたない。

まだまだ、まともに見せられる状態ではないので、
まずはシルエットのみ公開です。

火炎猫さん [あみぐるみ]

おりんプロトタイプ。
耳と尻尾は省略です。

orin01.jpg

にとりよりも先に着手したのですが、試作的な位置づけで
組み上げが難しかったため完成が後になりました。
髪を編むためにいろんな技術を試しています。
にとり以降も、基本的にこの作品のデザインと編み方を継承
しています。

河城さん [あみぐるみ]

ということで、連休中に組み上げていたのがコレ。

nitori02.png

東方風神録から河城にとりさん。
ゲーム(特にシューティング)ができない人なので、
二次創作を楽しませてもらっているだけなのですが。。。

糸はユザワヤオリジナルのコットンポップがメインで、
かぎ針は4号を使用。
全長12cm(直立時)。
パーツ数27、目数は約2000。

髪のボリュームがすごいのと、装備品が多いのとで、
組み上げ作業が終わらなくて辛かった...

あみぐるみの製作では、個々のパーツを編んでいる間は
無心で気持ち良いのですが、縫い合わせていく作業は
集中力がいるので大変です。
蛇腹の感覚に近いような気がします。

あみぐるみはじめました [あみぐるみ]

ここ3ヶ月ほど、事情により折り紙ができなかったので、
代わりにあみぐるみに手を染めてみました。
かぎ針と糸さえあれば場所を選ばないお手軽さ、
1次元の素材を経由して3次元をモデリングするという
直線的でないアプローチ(とそれに伴う造形の不自由さ)。
どことなく折り紙に通じるものがありますね。

とはいっても、造形アプローチがドット絵的なので、
折り紙に比べるとかなり直截的に形にアプローチ
できますし、何より丸いものを簡単に作れるのが
新鮮です。
練習で最初に作るのが球ですよ?

せっかくの機会(?)なので、折り紙創作で溜めてしまった
フラストレーションを解消してみることにしました。
あみぐるみで丸いものをたくさん作るよ!

サンタクロース(2) [折り紙]

「いいなぁ」と思うサンタはパズル的な要素が含まれているような
気がします。
ということで、タングラム的に完成形のイメージだけ作ってみた。

サンタ散らし。
santa_chirashi_s.png

。。。抽象度が高いせいか、ずっと見ているとゲシュタルト崩壊を
おこします。。。

ついでに、それっぽいのを1つ作って見ました。
santa_20140103s.jpg

こういうのは、なかいさんやまーしーさんが得意そうです。

サンタクロース(1) [折り紙]

めりくりあけおめ!(ヤケクソ)

というわけでサンタクロースです。
santa_20140101s.jpg

まぁ、力技だし、デザイン的におもしろいところもないのですが、
Frickrの折り紙サンタグループを見てたら
作りたくなってしまったので。。。

展開図はこちら。

左。
cp_santa_20140101a.png

右。
cp_santa_20140101b.png
こちらは仕上げ折りも書き込んでみました。
ご想像のとおり、いくらでも下半身を伸ばしていけます。
どんどん大きくしていけば、袋を作る領域にできるかも。。。

それではコトヨロ!

クリッピングパスで図を拡大する [Inkscape]

Inkscapeで折り図を描くときにめんどうと感じる処理の1つが
「図の拡大」です。

# とは言っても、考えることがない単純操作なので、
# たいしたことはないのですが。

「パス」→「交差」を使って切り抜いていくのですが、この操作は
グループ化したオブジェクトに対して適用できないので、
分解して1つ1つ切り抜いていくことになるわけです。

と・こ・ろ・が!
ふとしたことで「クリッピングパス」なる操作があることに
気付いてしまいました。
まぁ、操作の細かい話は↓とかを見ていただくとして...
http://inkscapedesign.web.fc2.com/medium/clipping.html

つまりは、「切り抜く」ではなく「マスクする」という操作なのです。
クリッピングパスの良い点は2つあります。
* 複数の(グループ化した)オブジェクトに対して適用できる。
* マスクしているだけなので、解除すれば元の形に戻る。

実のところ、2つ目のメリットの方が大きいかもしれません。
拡大図ベースで変形したあと、マスクを解除して縮小すれば、
全体図も同様に変形されているのですから...

# いままで、拡大図の処理を終了したあとに、
# あらためて全体の変形後の図を描き起こしていた。。。orz


折り図の描き方(未完)

柏村さんのスライド(http://papaya.ab.a.u-tokyo.ac.jp/groups/biomet/weblog/e0945/index.html)
衝撃を受けて、Inkscape版を作りはじめました。
...が、早々に息が切れてしまいました。
ので、まずはできたところまでを公開しておきます。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/daidai/origami/HowToDrawDiagramsWithInkscape_v_0_1.pdf


ウマ(2) [折り紙]

上半身の情報量に釣り合うよう、下半身をボリュームアップしました。

horse_20130125.jpg

バランスはとれていると思うから、これで完成かなぁ。
でも、ちょっとやり過ぎた感が拭えない。
展開図を少し詳しめにしたのがこちら。

horse_20130125.png

厚みを削るために姑息な手段を使っているので
読みにくくなってしまいました。
実際、自分で見ても何がどうなっているのかわからない。。。

んま [折り紙]

あけましておめでとうございます。
というには少々遅くなってしまいましたが、
今年もよろしくおねがいします。

horse_20130107.jpg

正月休み中に一気呵成で作ったものです。
尻尾まわりはまだ模索中ですが、だいたい落ち着いてきたので公開。
自分にとって「馬」は道産子とかペルシュロンとか、
農耕馬のイメージが強いので、あまり足を細くできません。。。

今回の出発点は西田シャトナーさんの作品展で見たユニコーンの格好良さ。 実際、「角の部分を崩してタテガミにできないかな~」 という感じでいじっていたらこうなった。 展開図を見ると構造をどう継承しているか(していないか)が 分かるんじゃないかと思います。 horse_20130107.png 私の作品には珍しく分割比率が1+√2:2。 基準点の折り出しが必要です。 私の作品にはめずらしく、15cmの紙だとちょっと辛いです(折れるけど)。 写真の作例はOKミューズカイゼル70kg 35cm。 久しぶりに大きな紙を折りました~。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。